代表的な受賞

電気学会 第6回 でんきの礎

【テーマ】 ピエゾ抵抗式半導体圧力センサ

【受賞日】 2013年3月21日

【受賞概要】

「でんきの礎」は、電気技術の中でも歴史的に記念されるものを顕彰することにより、今後の電気技術の発展に寄与させることを目的に、電気学会が2008年に制定したものです。1964年に開発された「ピエゾ抵抗式半導体圧力センサ」は、2013年に第6回「でんきの礎」に選定されました。

【技術の特徴】

ピエゾ抵抗式半導体圧力センサは、1964年に金属ダイヤフラムとゲルマニウム製半導体ゲージを接着して、世界で初めて当社で製作されました。
その後半導体プロセス技術と3次元微細構造を実現するマイクロマシニング技術との融合が図られ、1970年代に、現在広く使われているシリコンダイアフラムを有する立体構造に改良された圧力センサが開発され、製品化されました。
本圧力センサは現在広く普及している電気と機械分野を融合したMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)技術の先駆けとなったものです。

欧州特許庁 欧州発明家賞 Popular Prize

【テーマ】 QRコード

【受賞日】 2014年6月17日

【受賞概要】

欧州発明家賞は、欧州特許庁(European Patent Office)が技術的、社会的、経済的に優れた発明を表彰するために2006年に設立した賞です。 1994年に株式会社デンソーウェーブと当社が共同で開発した「QRコード」は、2014年「非ヨーロッパ諸国」部門にノミネートされ、他の部門を合わせた全15件の中から投票で決定されるPopular Prizeを受賞しました。

【技術の特徴】

QR(Quick Response)コードは、従来使われていた白黒ストライプのバーコードと異なりタテヨコ両方にデータを収納できるため、従来のバーコードと比較して350倍もの情報を書き込むことができます。また、英数字、シンボル、ひらがな、カタカナ、漢字、などの様々なデータを扱うことが可能で、かつ高速で読み取ることができる二次元コードです。
本コードでは、3頂点に目印を配置することで、背景模様の影響を受けることなく素早いコードの読取りを実現しています。またコードにデータを復元する機能を持たせることで、誤認識の確率を理論上10億分の1以下に抑えています。

QRコードの特徴
会社情報
PAGE TOP