JavaScriptが無効になっているかJavaScriptを利用できない為、一部コンテンツをご覧いただけません。
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptを利用できるブラウザにてご覧ください。
お使いのブラウザでは一部のコンテンツを正常にご覧いただくことができません。
最新のブラウザにアップグレードいただくか、IEの互換モードをご利用の場合、互換モードをオフにしてください。設定方法

研究活動

Research Activities

研究基盤技術

Research Fundamental Technologies

分析技術

世界最高レベルの空間分解能を誇る電子顕微鏡をはじめとした最新鋭の分析・計測機器。更には、大型放射光施設SPring-8内に有している専用ビームライン-豊田ビームライン-等を駆使した材料の解析業務を通して、研究活動の基盤的役割を果たしています。

超高分解能電子顕微鏡による解析

大型放射光施設SPring-8 豊田ビームラインを使用しての解析
(兵庫県播磨科学公園都市内 写真提供:SPring-8)

豊田ビームラインの実験室

試作技術

研究目的を実現する最適な実験装置やモジュールを迅速に開発するために、設計、工作、機電の各専門技術者が緊密に連携して試作開発にあたると共に、新しい技術への挑戦も積極的に行っています。

試験・計測機器の設計

試作工場での高精度加工

機電のノウハウを活用した回路・制御技術

【加工例】金属製ミニチュア傘の試作