知能化

INTELLIGENT MOBILITY

「すべての人に移動の自由を」。それが私たちトヨタグループの目指す社会です。自動運転も移動の自由を実現するアイテムの一つです。運転には「認知」「判断」「操作」が必要です。私たちは、それらをセンサや信号処理技術、学習判断、車両制御によって実現します。
小さく、そして遠くまで詳細に見えるセンサ技術、そのセンサ情報で得られた環境情報から進むべき方向を計画する判断技術。そして車を安全、安心に動作させる制御技術どれが欠けても動きません。
私たちは多分野の技術を統合し、移動の自由を実現していきます。

3次元レーザーレーダー(SPAD)

ワンチップセンサを用いて高解像度の距離画像を取得できる小型で低コストなセンサ技術を開発しました。走路や障害物を認識する車の眼として、先進運転支援システムへの応用を目指します。

3次元レーザーレーダーの概要図

統合測位技術(PRECISE)

GPSの測位精度低下の原因であるマルチパスの影響を低減するため、GPSのドップラーシフト周波数を利用した高精度軌推定技術と、軌跡の形状を考慮した軌跡全体測位技術を提案しました。都市部で誤差数m範囲内の位置精度を実現しています。
( *PRECISE : Positioning with Reliability Enhancement by Coupling IMU Satellites with External sensors)

統合測位技術の概要図
PAGE TOP