FC

FUEL CELL

燃料電池(FC)の普及には、FCシステムの低コスト化、高効率化、高耐久化をさらに進め、商用車を含めた多車種展開に対応していくことが必要だと考えています。
FCの性能には、材料(ナノメートル)~デバイス(センチメートル)~システム(メートル)の様々なスケールの現象が関わります。 FC車の性能革新に向け、①FCシステムの全体構成から材料~システム(制御含む)まで踏み込んだモデルベースデザイン、②マルチスケール解析、③材料・デバイスの設計・プロセス を融合した取り組みを進めています。

固体高分子形燃料電池

クリーンで高効率な次世代車載動力源として、高出力、高耐久性、低コストの燃料電池実現を目指し、電極、電解質、電極/電解質接合体を中心に基礎・原理に基づいた評価・解析、材料開発を進めています。

固体高分子形燃料電池の概要図
PAGE TOP