当社の次世代育成
支援行動計画

第6回行動計画の内容

  1. 1. 計画期間:2020年4月1日~2025年3月31日
  2. 2. 行動計画
項目 内容
  • (1) 育児・介護に関わる制度の周知活動と、
    活用への理解活動を実施
  • 育児・介護に関わる制度の継続的な情報提供、および育児・介護に関する外部セミナーの紹介を行います。
  • (2) キャリア形成を支援する活動を実施
  • 育児・介護に該当する社員を対象に、一人ひとりのキャリア形成を支援するための取組みを行います。

第5回行動計画の内容

  1. 1. 計画期間:2017年4月1日〜2020年3月31日
  2. 2. 行動計画
項目 内容
  • (1) 多用で柔軟な働き方のための環境整備
  • 育児・介護に関わる従業員のための在宅勤務制度を導入します。
  • 育児・介護など時間的制約のある従業員も柔軟な働き方ができるよう時間休制度を導入します。
  • 配偶者による転勤、育児・介護などで退職する従業員へのキャリア・カムバック制度を導入します。
  • (2) 制度活用への理解活動
  • 育児・介護に関する講演会の開催などによる制度活用への理解活動を行います。

第4回行動計画の内容

  1. 1. 計画期間:2012年5月1日〜2015年3月31日(2年延長〜2017年3月31日)
  2. 2. 行動計画
項目 内容
  • (1) 一人一人が時間を有効に使い、働ける仕組みの導入
  • コア無しフレックスタイム制度の対象期間を「満2歳まで」から「小学校6年生の年度末まで」に見直しました。
  • (2) 制度の趣旨に対する理解活動
  • 社内報による広報活動およびワークライフに関する講演会の開催により、制度の趣旨に対する理解活動を行いました。

第3回行動計画の内容

  1. 1. 計画期間:2010年5月1日〜2012年4月30日(2年間)
  2. 2. 行動計画
項目 内容
  • (1) 仕事と育児・介護の両立支援制度の利便性向上
  • より利用者の視点に立った適用条件の見直しを行いました。
    • 育児のための勤務時間短縮措置の取得期間を小学校就学前から小学校3年生の年度末までに拡大しました。

第2回行動計画の内容

  1. 1. 計画期間:2007年5月1日〜2010年4月30日(3年間)
  2. 2. 行動計画
項目 内容
  • (1) 休職者への職場復帰支援施策の実施
  • 育児休職中でも仕事へのモチベーションを維持・向上できる職場復帰しやすい環境の整備のため、以下の施策を導入しました。
    • 所属長と復職者での復職前面談
    • 休職中でも社内イントラネットを閲覧できる環境の提供等
  • (2) 職場の意識・風土改革施策の展開
  • 社内報で両立支援に関する特集を掲載し、両立支援に関する啓蒙活動を実施しました。

第1回行動計画の内容

  1. 1. 計画期間:2005年4月1日〜2007年4月30日(2年間)
  2. 2. 行動計画
項目 内容
  • (1) 育児・介護休業制度の利便性向上
  • 育児休職期間を満1歳から満2歳までに拡大しました。

(ねらい)期中での保育園への入園の困難さ、乳幼児の“ならし保育”の必要性を勘案し、育児へ専念する期間を延長する。

  • (2) 多様な勤務制度の拡充および設定
  • 育児のための勤務時間短縮措置の取得期間を3歳から小学校就学前まで拡大しました。
  • 育児期を対象としたフレックスタイム制のコアタイム廃止を可能にしました。(満2歳まで)

(ねらい)柔軟な勤務制度を拡充することにより、積極的に仕事に取り組む方を一層サポートする。

  • (3) 休暇制度の利便性向上
  • 傷病看護休暇の半日取得を可能にしました。
  • (4) 職場の意識・風土改革
  • 育児・介護に関する諸制度の情報提供を充実させました。
  • 新任役職者研修等を通じた啓蒙活動を継続して実施しました。

(ねらい)育児・介護休職をより取得しやすい環境の整備、男性の育児休職の取得促進

会社情報

FEATURE

PAGE TOP