メッセージ

実際技術と学術研究がつねに共に

豊田自動織機の創業者である豊田佐吉、トヨタ自動車工業の創業者である豊田喜一郎は、 実際技術と学術研究が表裏一体であることをつねに意識していました。創業当時、産業で国に報いる、 産業報国を謳うトヨタにとって、裏打ちとなる学術研究が非常に重要であり、いかなる事業環境においてもつねに事業の脇に置き、 経営者でありながら、生涯、研究に情熱を注ぎました。トヨタグループの分担のもとに設立された豊田中央研究所は、 産業を作るという企業連合の中に存在しており、これからも変わらない位置づけです。

代表取締役CEO 古賀伸彦-写真

代表取締役CEO 古賀伸彦

当社はトヨタグループの中央研究所という役割です。 そこには喜一郎の実際技術と学術研究の二つを実行していくということが息づいています。 自動車を作るには多くの素材や部品が組み合わさってできています。それぞれがよりよい製品を作るためには、 クルマのことがわかり、材料、加工から機能、評価までを理解する研究所を作ることで成し得る、という想いにより、当社は成り立っています。

代表取締役所長兼CRO 中西広吉-写真

代表取締役所長兼CRO 中西広吉

新しい領域へチャレンジ

1970年代以降、トヨタグループの柱であった自動車事業を発展させるため、当社でも自動車の研究に重きがありました。 そして今、トヨタ自動車はモビリティカンパニーへ変革し、そのプラットフォームとしてWoven Cityという街構想を出しています。 この変革のためには、当社の研究領域を、機械、材料、電気、通信などの従来の領域に加え、 バイオ・ヒューマン、数理、社会システムなど、未来を創る領域まで拡げる必要があります。

新しい領域へチャレンジ 写真02

この変革において当社が果たすべき役割は、これからの自動車の姿であるCASEへの対応と、SDGs、その中でもカーボンニュートラルに貢献する技術の提供です。 また従来の材料や構造を大きく変える技術や、Well-beingのため人に働きかける技術、これからの街に使われる技術、 さらにこれからの社会に必要となる新しい科学や工学にもとづいた基盤技術を、トヨタグループを通じて社会に提供していきます。 具体的には、1970年代から培ってきた触媒技術を排ガス浄化から電池やエネルギー変換、衛生分野へと発展させ実用化を進めています。 いっぽうで新たな武器として量子技術や数理科学を手の内化するためのチャレンジをしています。

新しい領域へチャレンジ 写真02

ネットワークと俊敏さ

幅広い研究領域に取り組んでいくには人のネットワークが必要となります。一人ひとりがあらゆる壁を越え、 つながり合い、失敗から学び、改善することができる、敏捷性のあるネットワークを作ることが大切です。 私たちはそういうことに長けた人、喜びを感じられる人に集まってもらいたい、そういう人たちが楽しく仕事ができるフィールドをここに作っていきます。

当社の活動に、ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

会社情報
PAGE TOP