環境方針

環境方針

株式会社豊田中央研究所は、基本理念実現のため、研究所における研究開発活動を環境マネジメントシステムの適用範囲とし、次の方針により、地球規模及び地域の環境保全活動を推進します。

  1. 研究開発に関わる全ての企業活動において、環境目標を設定、実施及び定期的見直しを行い、環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。
    1. 二酸化炭素の再資源化、自然エネルギーの活用、安全で安心な生活環境に関する研究を重点的に推進し、人類の永続的な繁栄に貢献します。
    2. 環境・エネルギー設備の更新、省エネルギー、省資源活動、廃棄物の適正な処理、リサイクルを推進し、循環型経済社会構築に貢献します。
    3. 温室効果ガスの管理と代替を確実に実施し、地球温暖化防止に貢献します。
    4. 関連会社等との連携を通じて、環境改善・生物多様性保全に貢献します。
  2. 環境関連法規、条例、協定並びに豊田中央研究所が決める事項を遵守し、環境汚染の予防と継続的な改善に努めます。
  3. 環境教育、啓発活動などにより、研究所員の環境保全意識の向上に努めます。
  4. 環境方針を文書により研究所員に周知させ、一般に公開します。

株式会社豊田中央研究所
代表取締役所長 菊池昇

2000年制定
2017年改訂

環境マネジメントシステムの適用範囲

活動範囲 研究・開発活動
物理的範囲 株式会社豊田中央研究所(愛知県長久手市横道41番地の1(※)
(※)公益財団法人豊田理化学研究所を除く
組織上の範囲 当社の組織及び従業員(派遣社員、パート等を含む)
適用規格 ISO14001:2015/JIS Q 14001:2015
会社情報
PAGE TOP