社会システム

SOCIAL SYSTEMS

将来の社会はどのように変化していくのでしょうか? 社会システム研究領域では、20~30年後の未来を見据え、人類が幸せに暮らしていくために何が必要になるかを考えていきます。
例えば、現代社会においては、都市部ではクルマがなくても生活できますが、郊外ではなくてはならないモノとなっており、社会構造の違いによって移動ひとつをとっても人々が求める価値観が異なっています。
このように、将来どのような交通システムが社会に求められるのか、またどのような社会が人を幸せにできるのか。私たちはあらゆるビックデータ解析を通して、人と人とのつながりや社会構造を紐解くことで、よりよい社会とは何かを提案していきます。

連成マネジメント

クリーンなモビリティサービスを実現するためには、移動の効率性だけでなく環境性も考慮したモビリティとエネルギを連成させたマネジメントシステムが不可欠です。充電タイミングと利用者の送迎の同時最適化手法およびシミュレータを構築しました。これにより、充電ステーションの配置や設備の違い、車両台数や乗車定員など様々な設定に対して柔軟にモビリティサービスの評価が可能となりました。

連成マネジメント概念図
PAGE TOP